ダイエット記事最終章! 八王子ダンススクールOPEN目指し日記

みなさんこんにちは!FANATSYと言う超入門のダンススクールを八王子にOPENする為に頑張っている

STAFF達です。


それまではブログなどで少しでも盛り上がればと思って更新頑張ります。


今日はダイエットのお話 最終章!

ダンスってダイエットに最適 なら OPENまでまだ時間があるから

それまで知識をつけよう!と言う事で


いってみよ~





むくみ、脂肪…下半身太りについて 下半身太りとは


下半身太りは下半身に脂肪がついていく状態の事です。おしりや太ももに脂肪がついて太っていく状態で、ダイエットをしてもなかなか下半身が痩せていかないという事で悩んでいる人も多いようです。

下半身太りとなる理由はいろいろと考えられますが、セルライトという脂肪が肥大化したものが一度出来ると、これを運動や食事制限によって無くしていこうとしても、セルライトによってこの部分は血行が悪くなっているので、痩せにくい状態になっていて、下半身はなかなか痩せない状態になっているのです。


下半身太りの特徴

下半身太りの特徴として、おしりや太ももに脂肪がついて太っていくという特徴があります。他の部位はそれほどでもないのですが、この周りに集中して脂肪がついていき、一度脂肪がつくとダイエットをしてもなかなか取れないというのも特徴的です。これは既に脂肪が肥大化して出来たセルライトというものが、血行不良を起こさせていて、そのため他の部位に比較してダイエットなどの効果が出にくくなっているという事が起きていると考えられます。元々、おしりや太ももは脂肪がつきやすくなっていて、特におしりは周りに筋肉などがなく脂肪をつけやすい構造になっているので一度出来たセルライトを無くしていくことが出来にくくなってしまいます。仮に下半身痩せに成功した場合でも一度できたセルライトは無くなったわけではなく小さくなっただけなので、脂肪が付くような食事や生活習慣をしていると再度大きくなりやすいという特徴があり、これがリバウンドしやすい理由ともなっていて、直ぐに元に戻ってしまう原因ともなっています。一度下半身太りとなると太りやすく痩せにくい体質になってしまうというのも下半身太りの特徴といっていいでしょう。一時的に痩せても油断するとすぐに元に戻ります。


下半身太りの解消法(食べ物)

下半身太りを解消する食べ物としては、わかめなどの海藻類が効果的です。これはカリウムという栄養素が豊富に入っていて、体内の塩分濃度を調節して不要な塩分を体外に出してくれるという調整機能があるからです。さらには食物繊維も多く食べていると満足感もあるので、あまり多くのエネルギーを摂取する食事になりにくいという事もあります。海藻類はビタミンやミネラル類が豊富なので体内の機能を正常に保つ働きもあります。これによって血行不良を改善していくことが出来るようになります。

そして、出来るだけ脂肪をつけにくい食事をするという事も大切です。海藻類はお腹の中で膨れるので、満腹感を得られやすいというのも魅力的です。ダイエットとしても申し分ありませんし、健康増進を考える上でも問題ないでしょう。気を付けたいのは炭水化物を多く取ってしまう事です。炭水化物には糖分が多く含まれていて、これが脂肪の元になってしまうので注意が必要です。


下半身太りの解消法(ストレッチ・運動)

下半身太りを解消する運動としては、軽いランニングがいいでしょう。早歩きといった方がいいかもしれません。競歩的な感じで汗をかくぐらいで長く出来るところが魅力的です。下半身の筋肉を当然使うことになりますし、ある程度の負荷を筋肉にかけることになるので、脂肪の燃焼を促進してくれます。散歩だと付加的に軽すぎますし、ランニングになると長く続けることが難しくなります。

また、ストレッチであれば足を前後に開いてふくらはぎを伸ばして、筋肉に負荷をかけるような事をするといいでしょう。運動前に陸上選手がしているようなストレッチが最適です。これを少しオーバーに体が深く沈みこむようにすれば、かなりの負荷が筋肉にかかるので脂肪が燃焼していくことになります。コツはゆっくりと時間をかけて筋肉に負荷をかけていくことで、筋肉が伸びていることを実感しながらやりましょう。負荷がかかっていると、かなりしんどくなるので体が熱くなってきます。これが脂肪が燃焼している証拠です。




おうちでもできる!簡単デトックス方法について

デトックスとは

デトックスとは体内に溜まった有害な毒素、老廃物などを身体に不要なものを排出して、健康な状態を保つことです。由来は英語の「detoxification」を短縮したもので、この単語は解毒といった意味を持っています。一般的には健康的な身体をある程度保っている人が健康維持のために行う行為を指しますが、アルコール依存症や薬物依存症などの症状を持つ人が身体から悪い成分を排出させるなどして治療を行う際にも用いられます。 食べることでできるデトックス "デトックスの方法には様々な方法がありますが、そのうちの一つに食べることで出来るものがあります。人間の身体は食べるものによってつくられていますから、食べるものには常に注意を払って健康な状態を維持し続けたいものです。


口に入れること、食べること、飲むことで出来るデトックスは実に様々です。まず大雑把に捉えると食生活自体を大きく改善すること自体がデトックス効果を高めることに大きく繋がっていると考えることが出来ます。


やや細かく見ていくと食物繊維を多く含む食べ物を少し多めに摂取するようにすることによって新陳代謝が促され、身体に不要な成分が排出されていきます。食物繊維は、排出速度を高める効果があることで知られている成分ですので積極的に摂取して、効果を実感しましょう。食物繊維の多い食べ物には、こんにゃく・きくらげ・てんぐさ・ひじき・バナナ・リンゴ・玄米・セロリなどです。これらを食事に取り入れて楽しみながらデトックスを続けたいところです。


また、ハーブティーなどのお茶には利尿作用や整腸作用が多く含まれており、食後に取り入れることでさらに効率的にデトックスを行うことが出来ます。もちろん食後でなく、食中、食前であっても構いません。


カラダを動かすデトックス

食べるものも重要ですが、身体を動かすことで代謝を高めて効果的にデトックスすることが出来ます。積極的に身体を使うことによって、汗をかくので代謝が高まります。毎日の生活の中に運動を適宜取り入れることによって汗をかいて、溜まった毒素を排出していきたいところです。


カラダを動かすには、ジョギングやウォーキングをするなどの方法が考えられますが、これらは無理なく身体を使うには良い運動であるものの飽きやすいという欠点もあります。スポーツジムにはテレビモニターが付いているなど飽きさせない工夫を凝らしている場合もあるので、通うのも一つの手です。エアロビクスやホットヨガなどにもデトックス効果をうたっているものがありますので、気になる場合はとりあえず参加してみるのも手です。デトックスのためにホットヨガに通うというのは近年の流行とも言えるかも知れません。自分が楽しみながら出来ることを探してとりあえず試してみることがデトックスを続けることの秘訣だと考えます。また、エアロビクスやホットヨガなどのビデオを使って家で楽しんで行う方法もあります。


デトックスの注意点

デトックスには毒素を排出して、本来の人間の身体の在り方を取り戻して健康を維持する効果を期待することが出来ます。しかし、注意点もあります。それはデトックスを意識しすぎて、過剰にデトックス効果がある食べ物ばかりを摂取したり、スポーツ選手を目指しているのかと思えるほど激しい運動を続けるなどしてしまうことです。例えば食物繊維が多く含まれている食べ物を適度に食べる分には問題はないのですが、とにかくたくさん食べてしまうと身体に必要な栄養素を取り込む前に排出してしまうことにつながり、かえって身体に悪影響を及ぼす可能性があります。食物繊維が多いとビタミンやミネラルなど必要なものが身体の中を早く通り過ぎて吸収出来ません。また、便秘に繋がる可能性もいくつかの研究で分かっています。これでは本末転倒と言えるでしょう。身体の動かし過ぎも、必要な栄養素を消耗しきってしまう恐れを包含しています。何事も適量、適度を心掛けつつ、楽しくデトックスを続けたいところです。

ダイエット向きの食材とは?

減脂肪食材と成分で体脂肪を減らそう

体脂肪を減らすためには運動以外にもダイエット向きの食事を摂取する事が大切になります。特に脂肪を減らしてくれる食事を心掛ける事で、ダイエットを成功させる手段にもなる為、食材の成分をよく理解して摂取する事が大切です。脂肪を減らす食事を続けることで、無理なくダイエットを行うことが出来るため、日々の食事に少しずつ取り入れるようにしましょう。毎日食べ続けることで、体脂肪が減り、身体に良い変化をもたらしてくれるはずです。





代謝を促進し、体脂肪を燃えやすくする食材

体脂肪を燃やしてくれる食材は身近な食材でもある肉類になります。肉類には多くのビタミンが含まれており、その中でもビタミンB群には糖分や脂肪を燃焼させてくれる効果を多く持っています。主に豚肉に含まれている事が多いので、豚肉を中心とした献立を考えてみるのも良いでしょう。

他にも肉類にはLカルニチンが含まれており、脂肪分解酵素を持っているので、直接脂肪に働きかけてくれます。Lカルニチンは豚肉だけではなく、牛肉にも含まれているので、積極的に摂取していきましょう。

次に体脂肪を燃えやすくする食材がキムチなどのカプサイシンが配合されている物です。キムチはスーパーなどでも人気の商品で直ぐに手に入りやすいので、ストックしておくと日々の食生活に簡単に取り入れる事が出来るので、非常に便利です。

カプサイシンの効果はホルモンを刺激して、エネルギーの消費を多くしてくれるので、脂肪を一緒に燃やしてくれます。

最後はにんにくに含まれている成分を摂取する事で、直接体脂肪に働きかけてくれるので、コレステロールや中性脂肪などを下げる効果があります。社会人や学生の場合はにんにくを平日に食べるのが難しい方は休日の食事に取り入れて見て下さい。


糖質や脂質などの吸収を阻害する食材

糖質や脂質などの吸収を阻害する食材で有名なのがウーロン茶になります。ウーロン茶にはポリフェノールが多く含まれており、脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。油っこい食事とも合いますので、毎日飲むようにするとダイエットにも繋がります。ウーロン茶なら自分でウーロン茶の葉を購入することで、自宅でも簡単に作れる為、とても便利です。ポリフェノールは赤ワインなどにも含まれていますが、お酒が苦手な方はウーロン茶から摂取する様にしましょう。

次に食物繊維が多く含まれている食材も糖質の吸収を抑えてくれます。わかめ等の海藻類に多く含まれているので、お味噌汁にすると毎日でも手軽に摂取する事ができます。今は乾燥されたわかめも販売されているので、お味噌汁ならお湯に戻す事もなく、直ぐに作る事ができるので、自炊にはとても便利です。キャベツにも食物繊維が含まれているので、サラダなどを普段の食事に一品付け加えると良いでしょう。


注目成分「イヌリン」イヌリンは近年から注目されている成分になり、食物繊維と同様に糖分を抑える効果が期待できます。

イヌリンが含まれている食材は玉ねぎやごぼうなどの根野菜類が多いので、手軽に食事に取り入れる事が可能です。注目成分でもある為、サプリメントも数多く販売されており、自炊をするのが難しい方にもお勧めです。イヌリンは糖分を抑えてくれるため、血糖値の上昇も抑える事ができるので、血糖値が気になる方にもお勧めの成分と言えます。非常に水に溶けやすい成分でもあるので、調理をする時にはイヌリンが溶け出してしまわない様に調理方法を考えることも必要です。

スープと一緒に食べることの出来るクラムチャウダーや、カレーライスにするとイヌリンが溶け出しても摂取する事ができるので安心です。また根野菜に多く含まれる成分にはなりますが、他の植物類にも含まれているので、自分の食べやすい食材で含まれている物を選ぶと継続して摂取する事が可能です


如何だったでしょうか!?


ふむふむと思う内容が多いですね。


さて 八王子ダンススクールFANTASYとして 検索1位を目指し

OPENまで頑張るぞ~


OPEN情報などはLINEに登録してくれると

最新の情報を配信するので是非!




閲覧数:10回

最新記事

すべて表示