ダンスのダイエット効果は筋トレと並行すると効果大!

2023年1月にOPENする八王子ダンススクールFANTASYが送る 始める前に知識を覚えるシリーズ


本日のテーマは


「ダンスのダイエット効果は筋トレと並行すると効果大!」





先に結論を言うと、ダンスは非常にカロリーを消費します。


ダンスは有酸素運動なので、ウォーキングやジョギングなどと同様の効果を得られる他に、負荷を高めることができるので、効果的にダイエットすることができます。


しかしダンスでダイエットするだけでは、理想的な引き締まったボディーにはなりません。


そこで今回は、ダンスダイエットと並行して、筋トレを行うメリットについて解説していきます。



目次



  1. ダンスのダイエット効果を高めるには筋トレが欠かせない理由

  2. 体重が落ちると筋肉も落ちやすくなる

  3. ダンスに必要な筋肉

  4. まとめ



ダンスのダイエット効果を高めるには筋トレが欠かせない理由

ダンスは踊っているときに、常に体中を支えるインナーマッスルを使っている状態になるので、心拍数を高めて無酸素運動を行うことができます。


特にダンスでは身体の約7割の筋肉量を占める下半身をよく動かすことになるので、身体の代謝を高めて、消費カロリーを大きくすることで高いダイエット効果を期待できます。




 


体重が落ちると筋肉も落ちやすくなる

ダンスを踊り続けると、体重が落ちてくる方が多く、喜びが大きいと思いますが、体重が落ちたということは筋肉量も落ちているということになります。


そのため、キレのあるダンスと魅力的なボディーの維持のためには、筋トレを並行して行う必要があります。


筋肉量が少ないと基礎代謝が下がるので、一時的に痩せたとしてもリバンドしやすくなるデメリットがあるためです。



 



ダンスに必要な筋肉

ダンスにおいて、筋トレを行うことでケガの予防や可動域の拡大、ダンススキルの向上などさまざまなメリットがあります。


ダンスではインナーマッスルを鍛えることができますが、意識して筋トレを行うことで、一見細く見えても、しなやかで引き締まった力強いボディーにすることができます。


インナーマッスルを鍛えると、ダンスを踊る際に上半身と下半身をスムーズに動かすことができるようになるので、キレのある動きが実現します。


しかしインナーマッスルだけに注力するのではなく、筋トレを行う際は身体の重心移動をスムーズに安定して行えるように、足腰の筋トレも必要です。




 


まとめ

ダンスは非常に消費カロリーの高い有酸素運動なので、ダイエットに最適です。


しかし体重が落ちると筋肉量も落ちてしまうので、ダンスの技術を磨くのと同時進行で筋トレも習慣化しましょう。


筋トレの際は、インナーマッスルと足腰の筋肉を鍛えることで、キレのある動きが実現します。



八王子ダンススクールFANTASYは2023年1月7日グランドオープンを予定


現在は準備をしてる最中


FANTASYではデザイナーズスタジオなのでおしゃれなスタジオで踊れます。


12月にはLINE登録者に


オープン記念に


半年間が超お得な月謝でスタート出来る


情報が来るんだって


登録しておこう!


まずは半年挑戦するのもあり!



LINE登録はこちらから


https://lin.ee/mg4EO05






ダンススクール


FANTASY DANCE SCHOOL


多摩本店(2017年4/1)

https://www.fantasy-dance.com/


立川(2020年10/10)

https://www.fds-dance.com/


町田(2021年6/6)

https://www.dancetokyotama.com/


八王子 2023年OPEN

https://www.dance-hachioji.com/



パーソナルジム


FANTASY GYM -α-



多摩本店(2022年10月)


https://tamagym.hp.peraichi.com


12月にはLINE登録者に


オープン記念に

半年間が超お得な月謝でスタート出来る

情報が来るんだって

登録しておこう!

まずは半年挑戦するのもあり!


LINE登録はこちらから

https://lin.ee/mg4EO05


FANTASY DANCE SCHOOL

閲覧数:37回