top of page

ダンス×医療ダイエット GLP-1(リベルサス)飲み薬#2

今流行の医療ダイエット  ダンススクールの新しい試みとして医療ダイエット事業を取り組むかを検討しており

現在オーナー自ら 様々なクリニックにて実体験を感じ レポートしていく企画!


美と健康のダンススクールとして有名なFANTASY DANCE SCHOOLは


ダンス×パーソナルジムを成功させ、次に医療ダイエットを組み込む事でさらにダンスを通じて美しい女性を創り上げようとしてます。自分自身に自信を持てれば人生も楽しくHAPPYになるはず


FANTASYではあなたの美の追記を応援させて頂きます。


医療ダイエットを取り入れる為には医師や看護師との連携も必要であり

オンライン診察など時代に合わせた診察方法など取り込み進めて行きます。


--------------------------------------



【ダンス×医療ダイエット】本日のレポート記事


最近流行のダイエット医療薬

GLP-1(リベルサス)飲み薬


リベルサス(Rybelsus)は、口から摂取するタイプのGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)受容体作動薬です。2020年に米国食品医薬品局(FDA)から承認され、その後、他の国でも承認されています。

リベルサスの主成分であるセマグルチドは、GLP-1受容体アゴニストで、本来、体が食事の摂取後に分泌する自然なホルモンGLP-1と似た作用を示します。GLP-1は、血糖値の調整と食欲の抑制に寄与し、食物の消化と吸収を遅らせる働きがあります。セマグルチドはこれらの作用を模倣し、インスリン分泌を促進し、血糖値を下げ、食欲を抑えます。

リベルサスは主に2型糖尿病の治療に使用されますが、同時に食欲を抑制し、体重を減少させる効果もあるため、肥満の治療にも利用されます。

しかしながら、副作用も存在します。一部の人々には消化器系の問題(吐き気、下痢、便秘など)、低血糖症、頭痛、疲労感が報告されています。また、パンクレアチーナスや甲状腺腫瘍のリスクが増加する可能性も指摘されています。

そのため、リベルサスの使用は医師の指導のもとで行う必要があり、患者の健康状態と治療の進行を定期的に監視することが重要です。

なお、リベルサスは他のGLP-1受容体作動薬と異なり、注射ではなく経口投与される点が特徴的です。これにより、毎日の注射が困難または好ましくない患者にとって、より便利な選択肢となり得ます。







リベルサス:ダイエットの新しいパートナー?


はじめに

体重管理において新たな選択肢として注目されている医薬品があります:「リベルサス」。これは特定の医療条件下で体重管理を助けるための薬で、その特性と利点、そしてリスクについて深く理解することが重要です。本記事では、リベルサスがダイエットとどのように関連するのか、その利点とリスクについて詳しく解説します。


リベルサスとは?

リベルサス(Rybelsus)は口から摂取するGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)受容体作動薬です。これは2型糖尿病の治療薬として一般的に使用されますが、その作用により体重管理にも効果があるとされています。


作用とダイエットへの影響

GLP-1は、食事後に私たちの体から自然に分泌されるホルモンです。これは、血糖値の調整と食欲の抑制に寄与し、食物の消化と吸収を遅らせる働きがあります。リベルサスの主成分であるセマグルチドは、これらの作用を模倣し、インスリン分泌を促進し、血糖値を下げ、食欲を抑えます。

この食欲抑制作用は、ダイエットや体重管理において特に有益です。食事制限や運動だけでは十分な体重減少が得られない場合、リベルサスは食欲を抑える効果により体重管理の一助となる可能性があります。


リスクと注意点

しかし、リベルサスも他の医薬品と同様に副作用のリスクがあります。消化器系の問題(吐き気、下痢、便秘など)、低血糖症、頭痛、疲労感が報告されています。また、パンクレアチーナスや甲状腺腫瘍のリスクが増加する可能性も指摘されています。

そのため、リベルサスの使用は医師の指導のもとで行う必要があり、患者の健康状態と治療の進行を定期的に監視することが重要です。


まとめ

リベルサスは、特定の条件下での体重管理における有力な選択肢となり得ます。その効果的な作用により、食事制限や運動だけでは難しい体重の管理が可能になるかもしれません。しかし、その使用は医師の指導が必要であり、使用中は常に医療専門家による監視が求められます。副作用の可能性を理解し、適切なガイダンスの下で使用すれば、リベルサスは体重管理の新たな道筋を開く可能性があります。






オーナーが実体験してみての感想

※あくまでも個人の感想になりますので ご使用する際は必ず医師の診断の元にお使い下さい。



使用1ヵ月やってみて


こちらも同様に食べる事の意識が弱くなるので

体重は落ちます


ただし注射と違って 量の調整が出来ないので

容量が倍 倍になってしまうので

私個人的にはおススメはしてないです。


動画解説が細かい部分を話してるのでここでは

細かくはカットしますが


低血糖状態になるので

元々薬など弱い方は辞めましょう。


パーソナルジムやダンスなど健康的な痩せ方をおススメします。



少しでも参考になりましたら ハートボタンをクリックして いいね!頂ければ

幸いです。


FANTASY DANCE SCHOOLオーナー K



閲覧数:3回

Comments


bottom of page