top of page

八王子ダンスの美容知識




八王子ダンスの美容知識

STAFF編


私は乾燥肌に悩まされています。冬の季節は特に厳しく、顔や頭皮が粉をふき、時折乾燥から来る痒みを感じることもあります。しかし、最近では自分なりの対策を施すことで、これらの症状を最小限に抑えることができています。

私が使用しているのは、保湿クリーム「ヒルドイドソフト」です。これは元々皮膚科で処方されていたものですが、現在ではドラッグストアでも購入可能となり、私は日常的に使用しています。私のように肌の問題で使用する人だけでなく、美容目的で使う人も多いようです。このクリームを朝晩に塗るだけで、乾燥肌や粉吹きが著しく改善されました。

とは言え、今年の冬は例年以上に寒く、それでも時々顔が粉を吹くことがありました。さらに、マスクを着用していることも影響してか、最近では夏でも粉吹きが起きるようになりました。汗をかくと乾燥肌とは異なる肌の問題が浮上してくるため、夏の間は可能な限り頻繁にシャワーを浴びて汗を落とすようにしています。

夏の肌問題にも「ヒルドイドソフト」が役立っています。それはあせもに対しても効果があるため、大変重宝しています。しかしながら、今後も肌の問題との闘いは続くと思われます。


--------------------


私の肌の悩みは思春期から始まりました。中学生になると同時に、ニキビが大発生し、毎日鏡を見るのが悲しくなるほどでした。当時、多くのニキビ対策のコスメを試し、皮膚科にも通いましたが、劇的な改善は見られませんでした。

時間が経つにつれ、大学生になる頃にはニキビは落ち着きましたが、新たな問題が。思春期が私に残したものは、大量の開いた毛穴だけでした。

大学生になり、アルバイトで得た収入を使って毛穴対策の化粧品を試すも、期待するほどの効果はなく、結局はファンデーションとコンシーラーで毛穴を隠す日々が続きました。

そんなとき、2017年に認可された成分、ナイアシンアミドを含む美容液の存在を知りました。ブログでその美容液を絶賛する記事を読んで、皮脂の分泌を抑制し、開いた毛穴を改善できるというその美容液に興味を持ちました。

以前から試していた様々な化粧品や皮膚科の薬で効果を感じられなかった私は、最初は疑心暗鬼でした。しかし、その美容液の価格が驚くほど安く、それまで使用していた毛穴改善クリームの三分の一であったため、思い切って試すことにしました。

その結果、驚くべきことに、使用開始からすぐに肌のコンディションが変わりました。通常、昼になると油でべたついていた鼻や頬の皮脂分泌が抑えられ、毛穴の下の皮膚が盛り上がって毛穴が浅くなりました。

半年以上の使用後、深いクレーターが完全に埋まったわけではないにせよ、全体的に肌にハリが出てきて、見えなくなった毛穴もありました。

私は心から、もっと早くナイアシンアミドに出会いたかったと思います。


----------------------


28歳で、乾燥肌と敏感肌の悩みを持つ私、JOYです。私の肌状態は複雑で、特に鼻とおでこのTゾーンがオイリーに感じられます。しかし、洗顔を行うと、鼻とおでこは適度に保湿されるのですが、頬や目、口の周りは極度に乾燥します。時には皮膚が裂けてしまうのではないかと感じるほどです。そのため、洗顔はTゾーンだけに限定しています。毎日、「私のような肌に適した洗顔方法は存在するのだろうか?」と悩んでいます。保湿には十分に努めているのですが、それでもなお乾燥は止まらないのです。

また、最近では鼻の黒ずみに頭を悩ませています。パックをしてきれいにする方法も試みましたが、結局は元の状態に戻ってしまいます。恐らく、適切な洗顔ができていないからだと思います。

さらに最近、おでこのシワが気になるようになりました。私の年齢になると、これは避けられない現象なのでしょうか? マッサージやシワ用の保湿クリーム、保湿ローション、保湿ジェルなど、さまざまな方法でシワが増えないように努力しています。しかし、思うようにシワは消えません。それでも最近、誰かに「あなたの肌、まるで17歳みたい」と褒められた時には、これまでの努力が報われた気がしました。

それでも、自分の肌の悩みにピッタリ合った化粧品に出会えると最高だなと思います。何か良いアドバイスがあれば、教えていただけると嬉しいです。どうもありがとうございました。


---------------------


私は学生時代から敏感肌で、ニキビに悩んできました。さまざまな化粧水を試しましたが、たとえ1本1万円もする高級化粧水を使用してもニキビの状態は改善されず、肌の問題は社会人になってからさらに悪化しました。結果、ファンデーションを塗ることすら困難になってしまいました。

そこで、私は自分の肌を本格的に改善したいと考え、各種ウェブサイトを調査し、「美顔水」に行き着きました。初めて使用した際は、香りが強く少しヒリヒリと感じるものでしたが、他のユーザーのレビューでも同様の感想を見つけたため、使い続けることに決めました。ただし、ヒリヒリ感だけでなく、肌が赤くなるような場合は使用を中止することをお勧めします。

美顔水を使用し始めて最初の頃は、一時的にニキビが悪化するように思えましたが、約2週間後には新たなニキビができることが減りました。1ヶ月ほど経過すると、慢性的なニキビも小さくなり、徐々に再発しない状態に変わりました。半年後には、新たなニキビが全く出来なくなりました。

結果的には6~7本の美顔水を使用しましたが、現在では美顔水を使わなくてもニキビはできなくなりました。ただし、ニキビの跡自体はまだ改善されていないため、現在はニキビ跡を治すためのアイテムに挑戦中です。


----------------------


夏の訪れとともに強烈な日差しによる日焼けが気になり始める時期が到来します。しかし、紫外線は年間を通して我々に影響を与えています。ですから、実際には夏季だけでなく一年中、紫外線対策が必要なのです。

年齢が上がるにつれて目立ち始めるシワやたるみ、肌年齢を左右するシミも、適切なUVケアにより予防できます。日傘や帽子を使うことはもちろん大切ですが、同様に日焼け止めを適切に使用することも重要です。

多くの人は顔や腕には日焼け止めを塗ることでしょう。しかし、服に覆われた部分や首元など、見落としがちな箇所も注意が必要です。これらの部分を忘れてしまい、思わぬ日焼けをしてしまう事態を避けるためにも注意が必要です。

また、数多くの日焼け止め商品が存在し、選ぶのに迷ってしまうかもしれません。しかし、日焼け止めは用途に応じて選ぶと効果的です。日常生活での外出や散歩にはSPF30程度の日焼け止めが適しています。一方、レジャーやスポーツを行う際にはSPF30~50の商品が良いでしょう。

SPF値が高いほど紫外線からの保護効果が高まりますが、外出の少ない日に強力な日焼け止めを使うと、肌が荒れてしまう可能性もあります。そのため、日焼け止めは状況に応じて使い分けることが肝心です。

さらに、屋内でも窓から差し込む日差しによる日焼けは避けられません。このような紫外線に対しても油断せず、適切な対策を続けていきましょう。


---------------------



閲覧数:6回

最新記事

すべて表示
bottom of page