八王子ダンススクール ダイエット日誌④

八王子ダンススクールFANTASYのダイエット日誌 ④


ダイエットに取り組むきっかけ作りの大切さ。

ダイエットを諦めることで、太っている自分を肯定することはあると思います。ようは、ご飯やお菓子を好きな時に自由に食べ続けられる方がストレスもためずに生きられると考えるかもしれません。むしろ太っている方が、見た目がよいなどあるかと思う。その見た目でも「多少太っている」とか「そんなに気にするほどのない体型」と思うのか、太るということだけでも日本人では特にネガティブな印象が強いかと思います。家庭環境も大きな要因と思います。なぜなら今では健康寿命のため志向の商品が多くあって、食品メーカーが太りすぎない体型をキープすることを推奨しているからです。そういう時代の流れの中で、ダイエットをいざ決意する理由を、二つほど簡単に挙げてみました。 一つ目は、商品群の宣伝文句(主には健康に関する注意事項・喚起)が存在していて理解すること。例えばペットボトルのラベルに印字されてあるので、チェックから始めたらと思います。 二つ目は、友人に言われたくない一言を食らって幻滅するショッキングによって決断する人もおられると思います。 わかりやすくいうと、昔に比べて健康志向の食品が多く製造・販売されていて、その売れ行きの理由を認識すること。それに加えて、肥満型という自分自身の問題としての捉えやすさがあるため、取り組みやすいはずです。しかしその分、色んな方法がいくつも存在するので、選ぶことは難しくてその反面、嬉しい悩みとも言えるかもしれないです。 まとめると、ダイエットに取り組むきっかけとなる序論、時代背景を知ることが、健康志向で生活したくなる動機になるかもしれないと自分は考えています。 ちなみに昔、私が試して効果があった例を言うと、「ゼロカロリーゼリー」です。夜の空腹時には、それでお腹を満たすのが世間で流行っていて、自分もそうでした。でもそれだけでは効果は小さかったように思います。


八王子ダンススクールFANTASY



閲覧数:0回

最新記事

すべて表示